仮免許まであと少し

教習所
私は自動車学校に通っていますが、その進み具合を紹介させていただきます。

私が自動車学校に通い始めたのは7月22日のことです。そのときは、楽しみな気持ちと不安な気持ちが一緒になっていました。入校式は、どきどきしながら進み、学科が始まりました。初めの頃は何を言っているのかよく分からなかったのですが、勉強していくうちにだんだん理解できるようになりました。

そして、技能です。これがなかなか進みません。教官の先生にあれこれ指示を受けるのですが、その指示の内容が難しくて、運転もなかなか上達しませんでした。しかし、これも学科と同じように、だんだん指示の内容が理解できるようになっていきます。ところが頭では分かっていても、体が思うように言うことを聞いてくれないのです。その結果、脱輪したり、大回りしすぎてしまったりして、先生から注意されます。これは少数派なのですが、厳しい先生も何人かいて、その先生に当たると、終わった後は魂が抜けたように体の力が抜けてしまいました。しかし、これも徐々に慣れてきて、脱輪するパーセンテージが低くなってきて、上達しているのがわかりました。

本当のことを言うと、自動車学校を辞めようとも思いましたが、お金が無駄になってしまったり、ここで辞めては人生の敗北者になってしまったり、私の住んでいるところは田舎なので、交通に不便になったりといろいろ問題が生じるので辞めれずにいました。しかし、さっきも書いたように、数を重ねればだんだん上達して、学科の内容も少しずつ頭に入るようになっていき、自身を持つことができました。努力は裏切らないというのは本当だと改めて思いました。

そんなこんなでいって、みきわめにも合格しました。そして、9月17日には修了検定を受けるところまでこぎつけました。涙は出ませんでしたが、うれしくて心がうきうきしました。できれば一発合格し、早く仮免許を取れるようにがんばりたいと思います。